ワークフローの管理と監視

WfMCは、 ワークフローエンジンが持つべき外部プログラミングインタフェースに関する仕様をインタフェース2 & 3で示しています。 このインタフェースには、ワークフローシステムの管理・保守機能に関する仕様が含まれています。 この機能により、複数エンジンの管理・監視を独立した一つの管理アプリケーションで行うことが可能になります。

Nauticaは、ワークフロー管理ハンドラを使用した運用管理ツールを、管理アプリケーションとして提供しています。

ワークフロー管理ハンドラ

Nauticaは、ワークフローの管理・監視を行うインタフェースとして、ワークフロー管理ハンドラを提供しています。

ワークフロー管理ハンドラの主な機能を以下に示します。

  • 管理機能
    • プロセス状態の変更
    • アクティビティ状態の変更
    • プロセスの停止
    • プロセスへの属性の割り当て
    • アクティビティを指定した属性の割り当て
    • 全プロセスの中断
    • プロセスの中断
ワークフローエンジンハンドラ

Nauticaは、プロセスインスタンス・アクティビティインスタンスへのアクセスを提供するインタフェースとして、ワークフローエンジンハンドラを提供しています。

ワークフローエンジンハンドラの主な機能はこちらをご覧ください。

ワークフローサービスマネージャ

Nauticaは、ワークフローエンジンに対する総合クライアントインタフェースとして、ワークフローサービスマネージャを提供しています。

ワークフローサービスマネージャの主な機能はこちらをご覧ください。