プログラミングインタフェース

WfMCは、ワークフローエンジンが持つべき外部プログラミングインタフェースに関する仕様をインタフェース2 & 3 として標準化しています。このインタフェースには、クライアントアプリケーションとワークフローエンジンとのインタフェースが含まれています。

クライアントアプリケーションは、人間による操作が必要なアクティビティにおいて、ユーザの操作を受け、プロセスを進捗させるソフトウェアです。ワークリストを通じて、以下のようにエンジンとやりとりします。

  1. クライアントアプリケーションが、ユーザにワークリストを提供します。
    ワークアイテムハンドラを使用して、ユーザによる操作が必要なワークアイテムをエンジンから取得します。

  2. ユーザが、ワークリストからワークアイテムを選択し、必要な操作を行います。
    ワークアイテムハンドラを使用して、クライアントアプリケーションがエンジンにユーザの操作の完了を通知します。

Nauticaは、クライアントアプリケーションの実装例としてサンプルアプリケーションを提供しています。

ワークアイテムハンドラ

Nauticaは、ワークフロー参加者に、それらが割り当てられたワーク情報へのアクセスを提供するインタフェースとして、ワークアイテムハンドラを提供しています。

ワークアイテムハンドラの主な機能を以下に示します。

  • ワークアイテム関連機能
    • ワークアイテム一覧の取得
    • ワークアイテムの取得
    • ワークアイテムの完了通知
    • ワークアイテムの解放通知
    • ワークアイテムの属性の取得
    • ワークアイテムの属性の割り当て
ワークフローエンジンハンドラ

Nauticaは、プロセスインスタンス・アクティビティインスタンスへのアクセスを提供するインタフェースとして、ワークフローエンジンハンドラを提供しています。

ワークフローエンジンハンドラの主な機能を以下に示します。

  • プロセス状態関連機能
    • プロセスの取得

  • アクティビティ状態関連機能
    • アクティビティの取得

  • プロセス制御機能
    • プロセスの生成
    • プロセスの開始
    • プロセスの強制終了
    • プロセスの状態の取得
    • プロセスの状態の設定

  • アクティビティ制御機能
    • アクティビティの状態の取得
    • アクティビティの状態の変更
    • アクティビティの属性の取得
    • アクティビティの属性の割り当て
ワークフローサービスマネージャ

Nauticaは、ワークフローエンジンに対する総合クライアントインタフェースとして、ワークフローサービスマネージャを提供しています。

ワークフローサービスマネージャの主な機能を以下に示します。

  • 接続機能
    • ワークフローエンジンとの接続
    • ワークフローエンジンからの切断