ワークフローの定義

WfMCの仕様記述に用いられる各種用語は、 WfMCのドキュメントTerminology & Glossary(WfMC-TC-1011)に定義されています。 これに基づいて、代表的な用語を説明します。

パッケージ定義

パッケージ定義内には、複数のワークフロー参加者定義、 アプリケーション定義プロセス変数定義、 プロセス定義が含まれます。

WfMCのインタフェース1として標準化されており、 XPDLファイルを用いて表現します。

Nauticaにおけるパッケージ定義項目の構造を下図に示します。
PackageDefinition

プロセス定義

ワークフローを構成する一連の処理の流れを定義するものです。 管理対象となるビジネスプロセスを表現する雛形となります。 アクティビティと、アクティビティ間の遷移から構成されます。

アクティビティ

プロセス内の各ステップです。人間が行うマニュアルアクティビティとシステムによる自動化されたアクティビティがあります。

<Nauticaが提供するアクティビティ>
種類説明
開始アクティビティ プロセスの開始を表します。
対話型アクティビティ クライアントプログラムからの制御を待ちます。
自動実行アクティビティ ワークフローアプリケーションを起動します。
サブプロセス起動アクティビティ サブプロセスの起動を行います。
並行処理開始アクティビティ 並行処理ブロックの開始を表します。条件に合致した遷移をすべて動作させます。
並行処理終了アクティビティ 並行処理ブロックの終了を表します。並行処理開始で動作した遷移をすべて待ち合わせてから終了します。
終了アクティビティ プロセスの終了を表します。
プロセスインスタンス

実際に遂行される具体的なプロセスです。 個々のプロセスインスタンスは各自の内部情報を持ち、個別に実行されます。 プロセス定義に沿って、 エンジンによって生成・管理・終了されます。

アクティビティインスタンス

あるプロセスインスタンス内で実際に遂行される具体的なアクティビティです。 プロセス定義に沿って、 エンジンによって生成・管理されます。

インスタンスの状態遷移

ある時点におけるプロセスインスタンス、アクティビティインスタンスのステータスの変化です。

<Nauticaにおけるインスタンスの状態遷移>
Transition
状態説明
open.not_running.not_started インスタンスが生成されていますが、実行が開始していません。
open.not_running.suspended 実行が保留されています。
open.running 実行中です。
closed.completed 正常終了です。
closed.terminated 停止です。
closed.aborted 中断です。
ワークフロー参加者

ワークフローに参加し、アクティビティを遂行するリソースです。

<Nauticaが提供するワークフロー参加者定義の種類>
  • システム
  • 組織単位
  • ユーザ
  • ロール(権限)
プロセス変数

その値が判定されることにより、ワークフローの進行を制御する変数です。

アプリケーション定義

ワークフローから起動されるアプリケーションを定義するものです。

ワークアイテム

ワークフロー参加者とアクティビティを結びつける情報です。 プロセスインスタンス内の1つのアクティビティにおいて、 ワークフロー参加者によって処理されるべき仕事で、ワークリストによってユーザに提示されます。

ワークリスト

あるワークフロー参加者に割り当てられたワークアイテムのリストです。