XPDLファイルの登録方法

エンジンにXPDLファイルを認識させるための登録方法は、以下の通りです。

  1. エンジンにXPDLファイルを配置します。(配置場所は repository ディレクトリ以下です。)
  2. セキュリティの観点から、エンジンの動作しているサーバに対して手作業での配置になります。

  3. 運用管理ツールを使って、エンジンに配置したXPDLファイルの登録処理を行います。
  4. 運用管理ツールによるXPDLファイル登録処理の方法はこちらをご覧ください。

    なお、この登録処理を行うまでは、エンジンはXPDLファイルを認識しません。