専用属性の設定

< 前へ  次へ >

目次へ戻る


ここでは、アクティビティ属性の専用属性を設定します。
ここでの設定は、以下のアクティビティに対して行うことができます。
※注意
 「専用属性の設定」は、ワークフロー参加者が設定されていなければ、 設定できません。

  1. プロセスビュー上でアクティビティをダブルクリックしてアクティビティの情報を表示した後、 専用属性タブを表示します。
    専用属性表示

  2. 「実行期限」を入力します。
    実行期限入力

  3. ワークフロー参加者タブを表示し、ワークフロー参加者を専用属性タブの「実行許可対象情報」 にドラッグ&ドロップします。
    実行許可対象設定

  4. 「実行許可対象情報」が設定されます。
    実行許可対象設定済

  5. 「設定」ボタンをクリックし、設定を反映させます。


目次へ戻る

< 前へ  次へ >