シミュレーション[変数の設定/更新]

< 前へ  次へ >

目次へ戻る


ここでは、遷移条件に「変数の設定/更新」が設定されているフローのシミュレーションをします。

  1. ツールボックスタブにおいて、「シミュレーションモード」を選択すると、開始アクティビティ が選択された状態になります。
    シミュレーションモード

  2. 開始アクティビティ「START」をダブルクリックすると、フローシミュレータが表示 されます。無条件で次へ遷移するため、そのまま「評価」ボタンをクリックします。
    遷移評価

  3. 対話型アクティビティ「INPUT」に遷移します。「INPUT」をダブルクリックして、 フローシミュレータを表示します。
    ラジオボタン「変数の設定/更新」を選択し、プロセス変数「NO」を選択します。テキストフィールド に値を入力し、「更新」ボタンをクリックします。
    変数設定

  4. 「評価」ボタンをクリックすると、このサンプルフローの遷移条件により、自動実行 アクティビティ「LOGGING」へ遷移します。
    遷移

  5. 自動実行アクティビティ「LOGGING」をダブルクリックし、フローシミュレータを 表示します。無条件で次へ遷移するため、そのまま「評価」ボタンをクリックします。

  6. 同様に、終了アクティビティ「END」をダブルクリックし、フローシミュレータを 表示します。ここでは、プロセス変数を更新することができないため、そのまま「評価」ボタンを クリックすると、正常終了を知らせる情報ダイアログが表示されます。
    正常終了

  7. ツールボックスタブの「シミュレーションモード」を再度選択すると、再びシミュレーション することができます。


目次へ戻る

< 前へ  次へ >