Nautica Workflow

パッケージ jp.co.argo21.nautica.workflow.wfmc

本パッケージには、NauticaワークフローのWfMCインタフェースが含まれる。

参照:
          説明

インタフェースの概要
Activity アクティビティインスタンスを表すインタフェースである。
Attribute 属性値を表すインタフェースである。
DefinitionRepository DefinitionRepositoryは、XPDLファイルと名称のマッピングを管理しており、 要求に応じて、XPDLをオブジェクト化して返す。
Filter ワークフローAPI上で引数に指定する絞込条件を表すオブジェクトである。
FormalParameter 形式パラメータを表すインタフェース。
InterWorkflowConnector エンジン間接続のためのインタフェースとして、InterWorkflowConnectorを提供する。
Participant ワークフロー参加者を表す。
ProcDef プロセス定義の概要情報を表すインタフェースである。
Process プロセスインスタンスを表すインタフェースである。
ToolAgent ToolAgentは、ワークフローアプリケーションの実行を管理するエージェントの 基底インタフェースである。
ToolAgentFactory ToolAgentFactoryは、各種ToolAgentを生成するためのファクトリの 基底インタフェースである。
WorkflowAdminHandler ワークフロー管理ハンドラは、ワークフローに対する 管理クライアントインタフェースである。
WorkflowEngineHandler ワークフローエンジンハンドラは、ワークフローエンジンに対する クライアントインタフェースである。
WorkflowServiceManager ワークフローサービスマネージャはは、ワークフローエンジンに対する 総合クライアントインタフェースである。
WorkItem 作業項目をあらわす。
WorkItemHandler 作業項目ハンドラは、ワークフローに対するクライアントインタフェースである。
 

クラスの概要
ActivityState アクティビティインスタンスの状態を表すオブジェクトである。
ProcessDefinitionState プロセス定義の状態を表すオブジェクトである。
ProcessState プロセスインスタンスの状態を表すオブジェクトである。
WorkItemState 作業項目の状態を表すオブジェクトである。
 

例外の概要
ApplicationBusyException アプリケーションがビジー状態で要求された処理を 行えない場合に通知する例外である。
ApplicationNotDefinedException 要求されたアプリケーションが定義されていない場合に通知する 例外である。
ApplicationNotStartedException アプリケーションを開始できなかった場合に通知する例外である。
ApplicationNotStoppedException アプリケーションを停止できなかった場合に通知する例外である。
AttributeAssignmentFailedException 属性の割り当て、または変更に失敗した場合に通知する例外である。
ConnectionFailedException ワークフローシステム運用基盤に対する接続に失敗した場合に 通知される例外である。
InsufficientBufferSizeException Bufferサイズが十分でないことを通知する例外である。
InvalidActivityInstanceException 有効でないアクティビティインスタンスIDを利用した場合に 通知する例外である。
InvalidActivityNameException 有効でないアクティビティインスタンス名称を利用した場合に 通知する例外である。
InvalidApplicationException 有効でないアプリケーションを利用しようとした場合に 通知する例外である。
InvalidAttributeException 有効でない属性を利用した場合に通知する例外である。
InvalidFilterException 有効でないフィルターを利用した場合に通知する例外である。
InvalidProcessDefinitionException 有効でないプロセス定義IDを利用した場合に通知する例外である。
InvalidProcessInstanceException 有効でないプロセスインスタンスIDを利用した場合に 通知する例外である。
InvalidQueryException 有効でない問い合わせを行った場合に通知する例外である。
InvalidSessionException 有効でないセッションIDを利用した場合に通知する例外である。
InvalidSourceUserException 有効でない変更前利用者IDを利用した場合に通知する例外である。
InvalidStateException 有効でない状態を利用した場合に通知する例外である。
InvalidTargetUserException 有効でない変更後利用者IDを利用した場合に通知する例外である。
InvalidToolAgentException 有効でないツールエージェントを利用した場合に通知する例外である。
InvalidWorkItemException 有効でない作業項目IDを利用した場合に通知する例外である。
LockedException ロック状態を通知する例外である。
NoMoreDataException データがそれ以上ないことを通知する例外である。
NotLockedException ロックであるべきときにロック状態でないことを通知する例外である。
TransitionNotAllowedException 指定された状態に遷移できない場合に通知する例外である。
WorkflowSecurityException セキュリティ関連で異常が認識された場合に通知する例外である。
 

パッケージ jp.co.argo21.nautica.workflow.wfmc の説明

本パッケージには、NauticaワークフローのWfMCインタフェースが含まれる。


株式会社アルゴ21


Copyright 2005 株式会社アルゴ21