インストール手順

Nauticaは、ソースコードアーカイブおよびバイナリーアーカイブで提供されています。インストール時には、動作のためにいくつかの設定作業を行う必要があります。また、インストールの前に、動作環境を確認し、必要なソフトウェアを用意してください。

別途用意するソフトウェア

以下に示すソフトウェアはインストール時、または動作時に必要ですが、Nauticaのアーカイブには含まれません。別途、ソフトウェアを入手し、各ソフトウェアのドキュメントを元に適切にインストールを行ってください。

 説明
Ant ビルドツールです。ソースコードのコンパイルを行うのに必要です。バイナリーアーカイブでは必要ありません。
MySQL リレーショナルデータベースです。Nauticaをインスト−ルする前に必ずセットアップしてください。データベースを設定する際は、すべての文字コード設定をUTF-8にしてください。
Tomcat 5 エンジンの動作には必要ありませんが、WebサービスやServletを利用する場合には、設定が必要です。

配布形態

Nauticaは、ソースコードアーカイブおよびバイナリーアーカイブで提供されています。それぞれ、プラットフォームや要求にあわせて、選択してください。

 Redhat LinuxWindows XP
ソースnautica-0.9-src.tar.gznautica-0.9-src.zip
バイナリーnautica-0.9.tar.gznautica-0.9.zip

配布構成

Nauticaのアーカイブは、以下のような構成になっています。なお、バイナリーアーカイブには、srcディレクトリは含まれません。

nautica-0.9/
 ┣ bin/
 ┃ ┣ nautica.sh           :Nautica起動スクリプト
 ┃ ┣ wfdesign.sh          :定義ツール起動スクリプト
 ┃ ┣ wfadmin.sh           :運用管理ツール起動スクリプト
 ┃ ┣ nautica.bat          :Nautica起動バッチファイル
 ┃ ┣ wfdesign.bat         :定義ツール起動バッチファイル
 ┃ ┗ wfadmin.bat          :運用管理ツール起動バッチファイル
 ┃
 ┣ config/
 ┃ ┣ nautica.properties   :Nauticaエンジン設定ファイル
 ┃ ┣ nautica.policy       :Nauticaセキュリティポリシーファイル
 ┃ ┣ activemq.xml         :Active MQ設定ファイル
 ┃ ┣ logging.properties   :Log4J設定ファイル
 ┃ ┣ interworkflow.xml    :ワークフロー関連系設定ファイル
 ┃ ┣ toolagent.xml        :ツールエージェント設定ファイル
 ┃ ┣ mailconfig.xml       :メールツールエージェント設定ファイル
 ┃ ┣ scriptingconfig.xml  :スクリプトツールエージェント設定ファイル
 ┃ ┗ systemcommand.xml    :コマンドツールエージェント設定ファイル
 ┃
 ┣ lib/
 ┃  (ここには、動作に必要なjarファイルを配置。)
 ┃
 ┣ license/
 ┃ ┃(ここには、各利用ソフトウェアとNautica自身のライセンスファイルを配置)
 ┃ ┣ nautica/
 ┃ ┃ ┗ licence.txt
 ┃ ┣ log4j/
 ┃ ┃ ┗ licence.txt
 ┃ ┗ ・・・
 ┃
 ┣ logs/
 ┃  (Log4Jのデフォルト設定のログ出力先)
 ┃
 ┣ misc/
 ┃ ┣ db/
 ┃ ┃ ┗ mysql/
 ┃ ┃   ┣ テーブル生成用SQL
 ┃ ┃   ┗ エンジン起動用データSQL
 ┃ ┗ schema/
 ┃    (XMLスキーマファイル)
 ┃
 ┣ repository/
 ┃  (XPDL定義ファイル配置場所)
 ┃  (空のまま)
 ┃
 ┣ sample/
 ┃ ┃  (サンプルアプリケーション一式はこの配下に)
 ┃ ┗ Overtime/
  ┃      ┃    (時間外労働申請一式の配置場所)
 ┃   ┣ misc/
 ┃   ┃ ┗ db/
  ┃      ┃     ┗ mysql/
 ┃   ┃      ┣ サンプルアプリ用テーブル生成用SQL
 ┃   ┃      ┗ サンプルデータ用SQL
 ┃   ┣ repository/
 ┃   ┃  サンプル定義ファイル
 ┃   ┃ 
 ┃   ┗ toolagent/
 ┃     ┣ commands/
 ┃     ┃  (コマンドツールエージェント用実行コマンド格納場所)
 ┃     ┃  (サンプルのコマンドを配置)
 ┃     ┗ scripting/
 ┃       ┃(スクリプトツールエージェント用実行スクリプト格納場所)
 ┃       ┗ pnuts/
 ┃          (サンプルアプリ用Pnutsスクリプトを配置)
 ┃
 ┣ temp/
 ┃  (エンジンのロックファイル(nautica.lck)はここに生成される。)
 ┃  (空のまま)
 ┃
 ┣ toolagent/
 ┃ ┣ commands/
 ┃ ┃  (コマンドツールエージェント用実行コマンド格納場所)
 ┃ ┗ scripting/
 ┃   ┃(スクリプトツールエージェント用実行スクリプト格納場所)
 ┃   ┃(スクリプトエンジンの種類ごとにサブディレクトリ)
 ┃   ┗ pnuts/
 ┃            (Pnutsスクリプトを配置)
 ┃
 ┣ webapps/
 ┃ ┣ WorkflowAxis/
 ┃ ┗ WorklowServlet/
 ┣ src/
 ┃ ┃(ソースコードはこの配下。)
 ┃ ┣ admintool/
 ┃ ┣ core/
 ┃ ┣ designtool/
 ┃ ┣ WorkflowAxis/
 ┃ ┗ WorkflowServlet/
 ┃
 ┣ doc/
 ┃  (ドキュメントこの配下。)
 ┃
 ┣ build.xml              :src直下のソースをビルドするAntファイル
 ┣ README.sjis            :構成の簡単な説明とドキュメントに対する参照(shift-jis版)
 ┗ README.euc             :構成の簡単な説明とドキュメントに対する参照(euc版)
	

インストールからエンジン起動まで

  1. MySQLをインストールし、UTF-8指定でデータベースを作成し、DBユーザに権限を割り当てます。以下では、データベースnautica、DBユーザnautica、DBユーザのパスワードnauticaとした場合の例を示します。なお、MySQLをUTF-8で設定する方法は、こちらの記事を参照してください。

  2. # mysql -u root
    mysql> create database nautica default character set utf8;
    mysql> grant all on *.* to nautica@localhost identified by 'nautica';
    mysql> flush privileges;
    mysql> \q

  3. Nauticaのアーカイブを入手し、任意のディレクトリに展開します。

  4. 環境変数NAUTICA_HOMEを展開ディレクトリに設定し、有効にします。

  5. (ソースアーカイブの場合)Antを起動し、ソースコードのコンパイルを行います。このとき、ライブラリが不足している場合は、別途入手しておかねばなりません。

  6. MySQLにNautica用のデータベースを作成し、そこに$NAUTICA_HOME/misc/db/mysql/create_table.sqlを使って、Nautica用のテーブルを生成します。

  7. $NAUTICA_HOME/misc/db/mysql/insert_for_startup_engine.sqlを使って、Nautica用のテーブルにデータを登録します。

  8. 設定ファイル$NAUTICA_HOME/config/nautica.propertiesの、以下のプロパティ値を編集します。
    • nautica.workflow.admin=[管理者キー]
    • nautica.workflow.datasource.url=[DBにアクセスするJDBC URL]
    • nautica.workflow.datasource.user=[DBユーザのユーザ名]
    • nautica.workflow.datasource.password=[DBユーザのパスワード]

    その他の設定ファイルおよび各プロパティ値に関する詳細は、環境設定をご覧ください。

  9. 設定ファイル$NAUTICA_HOME/config/activemq.xmlのbeanタグ内を編集します。
  10. <!-- The MySQL Datasource that will be used by the Broker -->
    <bean id="mysql-ds" class="org.apache.commons.dbcp.BasicDataSource" destroy-method="close">
    
        <property name="driverClassName">
            <value>org.gjt.mm.mysql.Driver</value>
        </property>
    
        <property name="url">
            <value>jdbc:mysql://127.0.0.1/[DB名]</value>
        </property>
    
        <property name="username">
            <value>[DBユーザのユーザ名]</value>
        </property>
    
        <property name="password">
            <value>[DBユーザのパスワード]</value>
        </property>
    
        <property name="poolPreparedStatements">
            <value>true</value>
        </property>
    
     </bean>

  11. $NAUTICA_HOME/binにあるエンジン起動ファイル(nautica.sh, nautica.bat)を実行し、起動を確認します。
    ※ 必須オプション -admin [上記6.で設定した管理者キー]

    コンソールに以下のように表示されれば、起動完了です。

  12. 2005-08-26 15:27:18,027 INFO  (Engine) I0001: ロギングサービスが開始しました。
    2005-08-26 15:27:18,440 INFO  (Engine) I0004: ActiveMQメッセージブローカを生成しました。
     :
     :
    2005-08-26 15:27:26,221 INFO  (Engine) I0002: ワークフローエンジンが開始しました。

  13. Webの設定は、別途環境設定ドキュメントを参考にしてください。
とにかく動かしたい方は、Starter's チュートリアルを をご覧ください。
もっと動かしたい方は、サンプルアプリケーション チュートリアル をご覧ください。