サンプルアプリケーションのインストールから起動まで

ここでは、サンプルアプリケーションのインストール手順および起動手順について説明します。
サンプルアプリケーションで使用する定義ファイルは、時間外労働申請です。
サンプルアプリケーションの仕様については、サンプルアプリケーションを参照してください。

準備作業

  1. Nauticaをインストールします。Nauticaのインストールは、インストール手順を参考にしてください。
  2. Nauticaサービスをインストールします。Nauticaサービスのインストールは環境設定を参考にしてください。

インストール手順

※以下は、Linux環境での手順を記述しています。Windows環境では、 下記文中のsh(シェルスクリプト)をbat(バッチファイル)に置き換えてください。

  1. サンプルアプリケーションをTomcatにコピーします。
    $NAUTICA_HOME/sample/Overtime/webapps下を、$CATALINA_HOME/webapps下にコピーします。

  2. $NAUTICA_HOME/sample/Overtime/misc/db/mysql/insert_table_for_engine.sqlを使って、Nautica用のテーブルにサンプルアプリケーション用のデータを登録します。

  3. MySQLにサンプルアプリケーション用のデーターベースを作成し、そこに$NAUTICA_HOME/sample/Overtime/misc/db/mysql/create_table.sqlを使って、サンプルアプリケーション用のテーブルを生成します。

  4. $NAUTICA_HOME/sample/Overtime/misc/db/mysql/insert_table_for_local.sqlを使って、サンプルアプリケーション用のテーブルにデータを登録します。

  5. 自動実行アクティビティが実行するスクリプトをNauticaにコピーします。
    $NAUTICA_HOME/sample/Overtime/toolagent/commands を$NAUTICA_HOME/toolagent/commands にコピーします。

  6. 自動実行アクティビティが実行するPnutスクリプトをNauticaにコピーします。
    $NAUTICA_HOME/sample/Overtime/toolagent/scripting/pnuts を$NAUTICA_HOME/toolagent/scripting/pnuts にコピーします。

  7. $NAUTICA_HOME/config/toolagent.xml ファイルの<tool-agents>の中に<agent>エントリ(以下の太字部分)を追記します。
    ※注意:以下の記述がコメントアウトされている場合(<!-- -->で囲まれている)、その記述(<!-- -->)を削除してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <tool-agents xmlns="http://www.argo21.co.jp/nautica/workflow/ta/config">
      <agent classname="jp.co.argo21.nautica.workflow.ta.SystemCommandToolAgentFactory">
        <app name="LOGGING_APPLY"/>
        <app name="LOGGING_APPROVAL"/>
        <app name="LOGGING_DENIAL"/>
      </agent>
      <agent classname="jp.co.argo21.nautica.workflow.ta.ScriptingToolAgentFactory">
        <app name="SET_APPROVAL_BLOCK"/>
        <app name="SET_APPROVAL_BLOCK_UPPER"/>
        <app name="SET_APPROVAL_BLOCK_JINJI"/>
        <app name="CREATE_PROCESS"/>
      </agent>
    </tool-agents>

  8. $NAUTICA_HOME/config/systemcommand.xml ファイルの<system-commands>の中に<authentication>エントリおよび<system-command>エントリ(以下の太字部分)を追記します。
    ※注意:以下の記述がコメントアウトされている場合(<!-- -->で囲まれている)、その記述(<!-- -->)を削除してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <system-commands xmlns="http://www.argo21.co.jp/nautica/workflow/ta/config">
      <authentication user="SYSTEM_COMMAND" password="password"/>
      <system-command command="loggingApply.sh">
        <app name="LOGGING_APPLY"/>
      </system-command>
      <system-command command="loggingApproval.sh">
        <app name="LOGGING_APPROVAL"/>
      </system-command>
      <system-command command="loggingDenial.sh">
        <app name="LOGGING_DENIAL"/>
      </system-command>
    </system-commands>

  9. $NAUTICA_HOME/config/scriptingconfig.xml ファイルの<scripting>の中に<authentication>エントリおよび<scripts>エントリ(以下の太字部分)を追記します。
    ※注意:以下の記述がコメントアウトされている場合(<!-- -->で囲まれている)、その記述(<!-- -->)を削除してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <scripting xmlns="http://www.argo21.co.jp/nautica/workflow/ta/config">
      <authentication user="SCRIPTING" password="password"/>
      <scripts>
        <script type="file" filename="setApprovalBlock.pnut">
          <engine name="pnuts"/>
          <app name="SET_APPROVAL_BLOCK"/>
        </script>
        <script type="file" filename="setApprovalBlockUpper.pnut">
          <engine name="pnuts"/>
          <app name="SET_APPROVAL_BLOCK_UPPER"/>
        </script>
        <script type="file" filename="setApprovalBlockJinji.pnut">
          <engine name="pnuts"/>
          <app name="SET_APPROVAL_BLOCK_JINJI"/>
        </script>
        <script type="file" filename="createProcess.pnut">
          <engine name="pnuts"/>
          <app name="CREATE_PROCESS"/>
        </script>
      </scripts>
    </scripting>

  10. Tomcatの設定ファイルにJDBCドライバの設定を記述します。$CATALINA_HOME/conf/server.xmlファイルの「<!-- Defines a cluster for this node,・・・」という記述の直前に以下の記述を追記します。
    ※注意1:<parameter>の中の<name>および<value>の値は、改行せずに一行で記述してください。
    ※注意2:この設定はTomcatのバージョン5.0.28でのみ動作確認しています。 このバージョン以外のTomcatを使用する場合は、そのバージョンに合ったJDBCドライバの設定を行ってください。
    <DefaultContext>
      <Resource name="jdbc/mysql"
        type="javax.sql.DataSource"
        auth="Container"/>
      <ResourceParams name="jdbc/mysql">
        <parameter>
          <name>factory</name>
          <value>org.apache.commons.dbcp.BasicDataSourceFactory</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>maxActive</name>
          <value>100</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>maxIdle</name>
          <value>30</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>maxWait</name>
          <value>10000</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>username</name>
          <value>[サンプルアプリケーションDBのユーザ名]</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>password</name>
          <value>[サンプルアプリケーションDBのパスワード]</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>driverClassName</name>
          <value>org.gjt.mm.mysql.Driver</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>url</name>
          <value>
            jdbc:mysql://[MySQLサーバのIPアドレス]:3306/
              [サンプルアプリケーションDB名]?autoReconnect=true
          </value>
        </parameter>
      </ResourceParams>
    </DefaultContext>

  11. $CATALINA_HOME/common/libにMySQLのJDBCドライバを格納します。JDBCドライバは、MySQLのサイトからダウンロードしてください。
    例えば、MySQLのサイトから「Connector/J 3.1」をダウンロードした場合、アーカイブを解凍してできたフォルダ内にあるJDBCドライバ「mysql-connector-java-3.1.10-bin.jar」を$CATALINA_HOME/common/libに格納します。

  12. $NAUTICA_HOME/sample/Overtime/repositoryの定義ファイル(Overtime.xpdl)を$NAUTICA_HOME/repositry にコピーします。

  13. Nauticaを起動します。

  14. 運用管理ツールを起動し、定義ファイル(Overtime.xpdl)をNauticaに登録します。登録する際のパッケージ名は「Overtime」とします。
    定義ファイルの登録は、運用管理ツールの操作説明書 「基本操作 定義ファイル登録」を参考にしてください。

起動手順

  1. NauticaおよびTomcatを起動します。

  2. ブラウザから以下のURLにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。
    http://[Tomcatが起動しているPCのIPアドレス]:8080/WorkflowSample/

  3. 以下のユーザを利用してログインし、それぞれの処理を行ってください。
    所属部署・役職ユーザIDパスワード実行可能な主動作
    企画営業部1課 社員UID110101taro申請
    企画営業部2課 社員UID120101kazuo
    企画営業部1課 課長UID110001jiro課長承認
    企画営業部2課 課長UID120001tuguo
    企画営業部 部長UID100001saburo部長承認
    人事部 社員UID210101
    UID210102
    kazuko
    niko
    人事部承認
    人事部 課長UID210001sanko同報確認
    人事部 部長UID200001yonko