Starter's アプリケーション

ここでは、Starter's アプリケーションのインストール手順および起動手順について説明します。

Starter's アプリケーションは、ファイルにメッセージを書き出すだけの簡単なアプリケーションです。
以下に示すワークフロー定義を使用しています。 開始されたプロセスは、自動実行アクティビティACTIONを実行し、終了します。 自動実行アクティビティACTIONには、アプリケーションACTION_COMMANDが割り当てられています。

Starter.xpdl

準備作業

  1. Nauticaをインストールします。Nauticaのインストールは、インストール手順を参考にしてください。

インストール手順

※以下は、Linux環境での手順を記述しています。Windows環境では、 下記文中のsh(シェルスクリプト)をbat(バッチファイル)に置き換えてください。

  1. 自動実行アクティビティACTIONが実行するスクリプトをNauticaにコピーします。
    $NAUTICA_HOME/sample/Starter/toolagent/commands/starter.sh を$NAUTICA_HOME/toolagent/commands にコピーします。

  2. $NAUTICA_HOME/config/toolagent.xml ファイルの<tool-agents>の中に<agent>エントリ(以下の太字部分)を追記します。 この例では、SystemCommandToolAgentFactoryが、定義ファイルで定義されたアプリケーションACTION_COMMANDを処理するという設定です。
    ※注意:以下の記述がコメントアウトされている場合(<!-- -->で囲まれている)、その記述(<!-- -->)を削除してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <tool-agents xmlns="http://www.argo21.co.jp/nautica/workflow/ta/config">
        <agent classname="jp.co.argo21.nautica.workflow.ta.SystemCommandToolAgentFactory">
            <app name="ACTION_COMMAND"/>
        </agent>
    </tool-agents>

  3. $NAUTICA_HOME/config/systemcommand.xml ファイルの<system-commands>の中に<authentication>エントリおよび<system-command>エントリ(以下の太字部分)を追記します。 この例では、アプリケーション名ACTION_COMMANDに、starter.shを割り当てています。
    ※注意:以下の記述がコメントアウトされている場合(<!-- -->で囲まれている)、その記述(<!-- -->)を削除してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <system-commands xmlns="http://www.argo21.co.jp/nautica/workflow/ta/config">
        <authentication user="SYSTEM_COMMAND" password="password"/>
        <system-command command="starter.sh">
            <app name="ACTION_COMMAND"/>
        </system-command>
    </system-commands>

  4. 定義ファイル(Starter.xpdl)をNauticaにコピーします。
    $NAUTICA_HOME/sample/Starter/repository/Starter.xpdl を$NAUTICA_HOME/repositry にコピーします。

  5. Nauticaを起動します。

  6. 運用管理ツール起動スクリプト$NAUTICA_HOME/bin/wfadmin.shを実行し、運用管理ツールを起動します。

  7. 運用管理ツールにエンジン情報を登録します。エンジン情報の登録は、運用管理ツールの操作説明書 「基本操作 利用前の設定」を参考にしてください。
    また、登録するエンジン情報は以下の値を使用してください(デフォルト値)
    エンジン情報名任意
    エンジンURLiiop://<Nauticaを起動しているPCのIPアドレス>:1050
    スコープ名engine001
    ユーザIDadmin
    パスワードadmin
    管理者キーadmin

  8. 運用管理ツールから定義ファイル(Starter.xpdl)をNauticaに登録します。登録する際のパッケージ名は「Starter」とします。
    定義ファイルの登録は、運用管理ツールの操作説明書 「基本操作 定義ファイル登録」を参考にしてください。

  9. Nauticaにプロセス定義(Starter.xpdl)が登録されたことを、運用管理ツールを使用して確認します。運用管理ツールで登録したプロセス定義のフローを表示します。 プロセス定義フローの表示は、運用管理ツールの操作説明書 「基本操作 エンジンビュー」を参考にしてください。

起動手順

  1. Nauticaを起動します。

  2. プロセスの生成・開始をするスクリプトをNauticaにコピーします。
    $NAUTICA_HOME/sample/Starter/bin/start.sh を$NAUTICA_HOME/bin にコピーします。

  3. $NAUTICA_HOME/bin/start.sh を実行します。このスクリプトは、Starter's アプリケーションのプロセスを生成・開始します。 (開始されたプロセスは、自動実行アクティビティACTIONを実行後、完了します。)

確認方法を以下に示します。

  1. $NAUTICA_HOME/logs/starter.log に以下のメッセージが出力されていることを確認します。
    自動実行アクティビティを実行しました。

  2. 運用管理ツールでプロセスの状況フローを表示し、起動手順3.で開始したプロセスが完了していることを確認します。 プロセス状況フローの表示は、運用管理ツールの操作説明書 「基本操作 エンジンビュー」を参考にしてください。
    表示したプロセス状況フローの背景が下図のように灰色で表示されれば、プロセスは完了しています。
    ※補足:アイコンおよび背景色については、運用管理ツールの操作説明書 「その他技術情報 アイコンと背景色について」を参考にしてください。

  3. ProcessFinished